中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日経平均は3日続伸。29日の米国市場では、欧州・アジア株がほぼ全面高となったことで買いが先行したほか、原油相場の上昇なども好感されNYダウは192ドル高となった。こうした流れを受けて、日経平均も88円高からスタートして節目の19000円台を回復した。その後上げ幅を3ケタに広げ19100円台に乗せる場面も見られたが、参加者が限定的となるなかでこう着感の強い展開となった。大引けにかけてやや上げ幅を縮めたが、19000円台を維持して本日の取引を終えた。大引けの日経平均は前日比51.48円高の19033.71円となった。東証1部の売買高は14億9001万株で今年最低、売買代金は1兆6505億円だった。業種別では、電気・ガス業、食料品、小売業が上昇率上位だった。一方、海運業、保険業、鉄鋼が下落率上位だった。個別では、トヨタ自<7203>、ソフトバンクグ<9984>、ゆうちょ銀行<7182>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>などが堅調。医療事業の売却を打診したと報じられた東芝<6502>が急伸したほか、打診を受けたとされる富士フイルム<4901
>も2%超の上昇。
 大納会30日後場の日経平均株価は前日比279円07銭安の1万7450円77銭と大幅続落し、安値引け。終値での1万7500円台割れは18日(1万7210円05銭)以来7営業日ぶりの安値水準となる。後場寄り付きは、前場の軟地合いを引き継ぐ形で売り先行で始まった。その後の戻りは鈍く、再度軟化。対ドルでの円下げ渋りもあって、株価指数先物に売り物が出て下げ幅拡大の流れとなった。ギリシャの政局不安など海外情勢を見極めたいとの空気から、ポジション整理売りの流れが続いた。なお、今年1年間では、上昇率7.1%となり、年足は3年連続で陽線となった。

 東証1部の出来高は16億6698万株、売買代金は1兆6172億円。騰落銘柄数は値上がり461銘柄、値下がり1261銘柄、変わらず137銘柄。

 市場からは「ギリシャリスクを警戒する向きもあるが、欧米株の反応を見る限り、気にし過ぎではないか。むしろ、連休を前にポジション整理の動きが強まったとみている。新年は、改めて日銀のETF(上場投資信託)買い思惑などがサポート要因として意識されよう」(準大手証券)との声が聞かれた。

 30日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、年末で薄商いの中、円買い・ドル売りが優勢となった東京市場の流れを引き継ぎ、1ドル=119円台前半となった。正午現在は119円35~45銭と、前日午後4時(120円50~60銭)比1円15銭の大幅な円高・ドル安。

 東京市場では株安などを背景に、円買い・ドル売りが進行した。ただロンドン市場入り後は落ち着き、ドル円は119円台前半から半ばを浮動している。ある市場関係者は「特段の材料はなかった。外国勢にとっては期末、日本勢にとっては年末のため、調整的な売買があったのではないか」と話した。年末で薄商いの中、通常以上の値幅が出たと見られる。
 ユーロは対ドルでもみ合い、1ユーロ=1.2160~2170ドル(前日午後4時は1.2175~2185ドル)。対円では下落し、145円20~30銭(146円85~95銭)。

 もっともユーロに関しては、来年1月に予定されているギリシャ総選挙など、「年始以降注目される公算が大きい」(前出の関係者)材料が少なくない。
 他の欧州通貨では、英ポンドが1ポンド=1.5530~5540ドル(1.5525~5535ドル)、スイス・フランが1ドル=0.9885~9895フラン(0.9870~9880フラン)
日経平均株価は 12/6時点で 15,299円まで回復


NYダウは雇用統計が改善され前日比+198.69の 16,020.2 と再び16,000を突破

外国為替は

 南アフリカ ランド / 日本円 9.94円

 香港 ドル / 日本円      13.26円

アメリカ ドル / 日本円    102.85円

オーストラリア ドル / 日本円 93.59円

 米国ドルに対しては円安がかなり進むがオーストラリアドルについては円高

 米国経済動向要注意

 
 日経平均株価は急落。急激な円高が背景にあるが、2007年~2008年の中国株を思い出す。

 あまりにも急激な上昇による反動で15000円を超えたあたりから危険だとは感じていた。

 以下、最近の株価
 
  日付      始値   高値   安値   終値
2013年6月14日  12,668  12,900 12,629 12,686
2013年6月13日  13,038  13,050 12,415 12,455
2013年6月12日  13,087  13,332 12,994 13,289
2013年6月11日   13,504 13,584 13,296 13,317
2013年6月10日  13,141  13,514 13,141 13,514
日付      始値   高値   安値   終値
2013年6月7日   12,706  13,106 12,548 12,877
2013年6月5日   13,566  13,711 13,011 13,014
2013年6月4日   13,186  13,610 13,060 13,533
2013年6月3日   13,551  13,562 13,261 13,261
日付      始値   高値   安値   終値
2013年5月31日  13,804  13,916 13,681 13,774
2013年5月30日  14,072  14,098 13,555 13,589
2013年5月29日  14,492  14,512 14,243 14,326
2013年5月28日  13,943  14,399 13,943 14,311
2013年5月27日  14,373  14,381 14,027 14,142
日付      始値   高値   安値   終値
2013年5月24日  14,731  15,007 13,981 14,612
2013年5月23日  15,739  15,942 14,483 14,483
2013年5月22日  15,440  15,706 15,432 15,627
2013年5月21日  15,264  15,388 15,264 15,381
2013年5月20日  15,260  15,381 15,245 15,360


円/ドル 為替動向
日付 初値 高値  安値 終値
2013年6月14日 95.35 95.81 93.99 94.07
2013年6月13日   96.01 96.08 93.78 95.36
2013年6月12日   96.01 97.02 95.13 96.00
2013年6月11日 98.76 99.04 95.60 96.01
2013年6月10日 97.50 99.28 97.40 98.76
日付 初値 高値  安値 終値
2013年6月7日 96.98 97.75 95.02 97.53
2013年6月6日 99.03 99.47 95.96 96.94
2013年6月5日 100.00 100.43 98.95 99.06
2013年6月4日 99.52 100.41 99.30 100.00
2013年6月3日 100.35 100.72 98.86 99.51
日付 初値 高値  安値 終値
2013年5月31日 100.71 101.27 100.23 100.46
2013年5月30日 101.13 101.80 100.45 100.72
2013年5月29日 102.34 102.52 100.71 101.13
2013年5月28日 100.93 102.50 100.90 102.36
2013年5月27日 101.30 101.66 100.72 100.93
日付 初値 高値  安値 終値
2013年5月24日 102.01 102.58 100.68 101.27
2013年5月23日 103.13 103.56 100.82 102.01
2013年5月22日 102.47 103.73 102.33 103.15
2013年5月21日 102.24 102.88 102.06 102.46
2013年5月20日 102.94 103.09 102.16 102.26
日付 初値 高値  安値 終値
2013年5月17日 102.23 103.30 102.05 103.18
2013年5月16日 102.21 102.68 101.82 102.24
2013年5月15日 102.34 102.76 101.86 102.23
2013年5月14日 101.79 102.40 101.24 102.35
2013年5月13日 101.84 102.14 101.49 101.82
日付 初値 高値  安値 終値
2013年5月10日 100.56 101.98 100.52 101.5
2013年5月9日 98.99 100.79 98.62 100.59
2013年5月8日 98.99 99.15 98.57 98.99
2013年5月7日 99.33 99.43 98.82 99.00
2013年5月6日 99.06 99.45 99.00 99.33
日付 初値 高値  安値 終値
2013年5月3日 97.91 99.26 97.87 99.02
2013年5月2日 97.37 98.39 97.06 97.95
2013年5月1日 97.42 97.67 97.03 97.38

結局、日経平均は為替動向で乱高下している印象が強い。
実態経済の良化、一般庶民の懐具合が潤ってきた実感が出ない
限り好景気とは言えない。
 株価が独り歩きしている、、、、、
 24日の東京株式市場は朝方こそ急反発してスタートし、マーケットにほっとした空気が流れたものの、後場中盤以降伸び悩み、日経平均株価は午後零時45分すぎからマイナスに転じた。その後、ヘッジファンドによる先物の仕掛け売りや追い証(追加証拠金)売りが響いて下げ足を速め、午後1時45分には1万3981円と、取引時間中では5月7日以来の1万4000円台割れとなった。


 今月23日に日経平均は1万6000円寸前まで上昇。しかしその後に急落。結局終値14,483円の安値で引ける。

昨日24日は初値14,731.75  高値15,007.5  安値13,981.52  終値14,612.45

と2日続けて乱高下。為替もこの間1ドル 100円台~103円台を乱高下

 表立った材料はないが今まで上がり過ぎていたので一旦下がると売りが売りを呼ぶ状態。

その後は押し目を狙った買いとが拮抗して乱高下したものと思われる。

 



 
 12日のニューヨーク外為市場で、ドル・円は99円43銭から98円08銭まで下落し、98円43銭で引けた。予想を下回った米国経済指標に失望したドル売り、米国財務省が半期為替報告書の中で、日本の通貨政策を注意深く監視し、日本に「通貨安競争を避けるべきだ」と要請したことを受けて円の買い戻しが加速した。

 

 12日の米国株式相場は下落。ダウ平均は0.08ドル安の14865.06、ナスダックは5.21ポイント安の3294.95で取引を終了した。3月小売売上高や4月ミシガン大学消費者信頼感など経済指標が相次いで予想を下回ったことで、下落して始まった。貴金属などを中心に商品先物相場が下落したことも嫌気され軟調推移となったが、来週から本格化する1-3月期決算への期待感から引けにかけてやや下げ幅を縮小した。セクター別では、消費者・サービスや小売が上昇する一方で素材やエネルギーが下落した。


日経平均株価 .
13,568.25(04/12) 始値 .
13,568.25(04/12) 高値 .
13,402.86(04/12) 安値 .

13,568.25(13/04/12) 年初来高値 .
10,398.61(13/01/09) 年初来安値 .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。