中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 現在、日本時間 午前10時

 14日の東京株式市場では、全面高商状。米国株式の大幅反発を受け、株価指数先物主導で買いが先行し、平均株価は一時1万5382円92銭(前日比256円29銭高)まで上げ幅を広げた。直近8営業日続落に1700円超下落した反動や、円高・ドル安修正の動きも自律反発機運につながっている。きのう時点で平均株価採用銘柄の予想PERが16.05倍とバブル後安値を付けた03年4月以来の最低水準となったことも下支え要因として意識されている。東証1部の業種別株価指数では、33業種すべてが上昇している。
 
 今朝の外国証券経由の売買注文動向では、1760万株の大幅売り越しとなった。13日の米国株式市場では、5営業日ぶりに大幅反発し、ダウ工業株30種平均は前日比319.54ドル高の1万3307.09ドルと今年2番目の上げ幅となり、ナスダック総合指数も同89.52ポイント高の2673.65ポイントと02年5月以来の上げ幅となった。ウォルマートの好決算や、NY原油先物安が好感された。ゴールドマン・サックスの経営幹部が多額の評価損計上は見込んでいないと言及したことも買い安心感につながった。シカゴ平均株価先物清算値は大証終値に比べ395円高の1万5435円だった。
 
 NY原油先物相場は、大幅続落し、前日比3.45ドル安の1バレル=91.17ドル。国際エネルギー機関(IEA)が世界の原油需要見通しを引き下げ、売り材料視された。東京外国為替市場では、1ドル=111円台前半(前日終値は110円9銭)で取引されている。

★米国ドル以外は大幅な円安。私のFXも一気に黒字になりました。これから始まる中国市場もかなり上がるでしょうね。もうちょっと調整してほしかった・・・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/90-53458d78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。