中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国株各指数

ハンセン指数 17:32 28760.220 -948.710 -3.193%
H株指数 17:32 17716.860 -835.271 -4.502%
レッドチップ指数 17:32 6208.650 -251.330 -3.891%
GEM指数 17:32 1487.770 -19.150 -1.271%
上海B株指数 15:05 356.942 -12.406 -3.359%
深センB株指数 15:31 748.782 -29.983 -3.850%
上海A株指数 15:05 5593.954 -285.818 -4.861%
深センA株指数 15:31 1383.694 -61.165 -4.233%
上海総合指数 15:05 5330.023 -271.760 -4.851%
上海_50指数 15:05 4154.969 -228.662 -5.216%

 昨日の米国市場はGM(ゼネラルモーターズ)の巨額損失の発表や引き続き原油価格や金価格が高騰していることなどを受けて、大幅下落となりました。GMの巨額損失が金融子会社のサブプライムに関連する損失の影響が大きいとされたことで、金融株を中心に大幅下落となりました。一時、買い戻しなどもあって下げ幅を縮小する場面もあったのですが、為替が円高に振れたことでドル資産からの逃避、円キャリー取引解消なども懸念され、また、金融株だけでなく企業業績の悪化が嫌気されて、下げ幅を広げ、ほぼ安値圏での引けとなりました。

 サブプライム問題が依然として尾を引いています。GMの巨額損失もサブプライムに関するものばかりではないのですが、その部分が誇張されて信用収縮懸念も出ているようです。原油価格や金価格が高騰していることも、リスク資産の中でも資金が商品に向かっていることにつながり、株式市場から安全志向の資産のみならず、リスク資産も効率の悪さから逃げ出してしまっているようです。FRB(連邦準備理事会)の出方を待っており、景気底割れ感がなく、業績面からの割安感が出て株式投資に妙味が出れば買いも入って来るのでしょう。

 個別にはGMが大幅下落となったことでフォードなども連れ安となり、また、ワシントンミューチュアル(貯蓄金融機関=S&L)が住宅ローン関連などで多額の引当金を計上し大きく売られ、JPモルガンチェースやメリルリンチなど金融株も大幅下落となりました。マイクロソフトなどインターネット関連銘柄も利益確定売りや個別の悪材料に反応して軟調なものも多く、相場の下支えとはなりませんでした。


 日経平均株価は後場に入って下げ幅を拡大させた。アジア株式市場の軟調、米ナスダック先物の時間外取引での下落も売りを助長し、日経平均は一時前日比470円安の1万5626円まで急落。終値ベースでも9月10日以来の安値水準となった。

 背景には、信用不安による米国株安と円高ドル安、さらに国内政局の混迷や国内景気の先行き不安など、「内外の不安材料が市場の重しになっている」(大手証券)という相場環境がある。

 加えて、この日は日経225先物11月きりオプションの特別清算指数(SQ)算出を控えた最終売買日。先物に仕掛け的な売りが出ると、日経平均は「外部環境が不安定なため押し目買いが入れられず、売り一直線となった」(投資顧問会社)。出来高24億株、売買代金3兆円の大商いだったが、東証1部全銘柄の91%が値下がりする全面安だった。

 「長い目で見れば、日本経済はファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)はしっかりしており、株価を大きく下げる必要はない」(同)との見方もあるものの、目先は弱気が優勢な状況。「下値の目途がとうとうなくなった」(大手証券)、「日経平均の下が見えにくくなってきた」(中堅証券)といった指摘が聞かれ、市場は8月17日に付けた年初来安値の更新も視野に入れている


 8日の香港株式市場は急反落。前日の米株急落や米信用不安の広がり、商品市況の値上がりによる企業業績の圧縮懸念など複数の悪材料が重なった。本日の中国本土株式市場の大幅安も嫌気された。銀行、保険、通信、エネルギーなどの大型株が売り込まれ、指数を押し下げた。

☆又、サブプライム問題が登場。中国は利益確定が膨らんで大幅下落。先日予想していた17500ポイントが視野に入りました。中国は今年は上昇しすぎているのでさらに下げても新規参入者が購入しやすくなって良いのでは?下げている理由が明確でありまだまだ余裕ですね。今、売ると買い時が難しいので私は売りません。
できれば欲しかった0386シノペックや0694ベイジンがかなり下げたので買いたいですね。

 一方、日本はもう叩き売り状態の銘柄揃いで特に小型銘柄はPERやPBRを目安にする投資が困難。チャートも右方下がりで底が見えません。私が所有している日本株が良い例で目も当てられない状態です。2594と2750のコーヒー会社以外はすべてまだ所有しています。何度も言ってますが日本は円高に弱すぎですね。そして下がれば必ずザプライム問題が取り出される。昨日の米国にしても無理矢理引っ張り出している感じです。しかしサブプライム問題は今後の世界経済活動にたいした影響がないと私は考えているので日本株も現状維持です。その内に巻き返してくれるでしょう。

  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/84-b045651e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。