中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私は以前からサブプライム問題はそれ程大きな問題にはならないコメントして来ましたがそれは今も変わりません。もし仮に米国経済にかげりが出てきて世界経済に影響を与えても中国の経済成長率に大きな影響が出るとは考えていないからです。本当に米国が世界をリードしきれなくなったら中国がそれに代わろうと必死になるでしょう。しかし米国はそんな簡単に主導権を渡すわけがありません。又、サブプライムローンとは日本の銀行がかつてバブルを起こしたようなとんでもない貸付をどんどんしているわけではなく、1部の不安がある融資を高利で貸付けてそれを証券化して個人投資家等にリスクを分散しているのです。だから実態が把握しづらいのです。それがどうして日本のバブル崩壊を思わせるほどにここまで大きな問題になるのか不思議です。
 何か経済指標に悪化した数字が出ればすべてサブプライムの責任→株価暴落→リスクが払拭した?→株価上昇を繰り返しているような印象です。特に日本の株式市場のていたらくには日本人として残念です。新興市場は未だにライブドアショックを引きずっている印象。やはりあのバブル崩壊が日本人投資家を臆病にしてザブプライムに異常に反応しているのか?だから日本市場は任天堂のような外国人が好む国際優良銘柄でこれからも世界を舞台に物を売れる可能性が高い企業しか株価があがらないのか?
 では、もしサブプライム問題が完全に解決すれば日本の大半の銘柄が大幅に株価を上昇させる事はできるのか?いや私はそれ以外にある日本の大きな問題である少子高齢化、赤字国債、広い意味での年金問題、格差社会、地方切捨てといったものが日本の経済成長の足を引っ張るような気します。 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/65-b694fbb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。