中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国株各指数

ハンセン指数 16:30 29298.710 344.159 1.189%
H株指数 16:30 19536.340 95.010 0.489%
レッドチップ指数 16:30 6457.610 112.490 1.773%
GEM指数 16:30 1503.760 21.850 1.474%
上海B株指数 15:05 386.851 -2.316 -0.595%
深センB株指数 15:31 774.280 13.324 1.751%
上海A株指数 15:05 6337.061 -58.696 -0.918%
深センA株指数 15:31 1610.765 -8.054 -0.498%
上海総合指数 15:05 6036.281 -55.776 -0.916%

 本日、香港株は前場に利益確定売りが膨らんでH株は一時19000割り込みましたが後場から買い進まれてプラスとなりました。昨日にも言いましたが結果的には香港市場への資金流入力が強い、下がればすぐに買いが入る状態ですね。しかし中国株な何年か投資している個人株主の私にしてみれば中国株のUP、DOWNの凄さは身に染みているので思い切った買い出動がしにくい状態です。今日の午前中の動きを見ていたら「今日はH株は1000以上下落するかな」と思っていましたが終わってみればプラスとなりこの先の展開が非常に読みにくい状態です。

マイナス要因として
①米国のザプライム問題が完全に払拭されていない。
②10/15から始まった中国の第17回党大会の閉幕後に新たなマクロ調整措置が発表される観測が高まっている。
③本土個人投資家による香港株への直接投資の解禁が予想以上に遅れている。
④最近の株価急上昇でアジア株全般が適正水準から乖離しているという見方が強まっている。
以上4点が挙げられている。

 この中で私が最も懸念するのが③です。香港株がここまで大きく上昇してきた一番の理由がこの解禁ニュースだったと思います。本来なら国慶節休暇明けにも実施されるとの見方が強かったにも拘わらず未だに具体的な解禁措置の内容についても明らかになっていません。
 こうなると中国政府としては本土市場のバブル的な株価を何とか抑えようとして②の措置をとった時には間違いなく香港株も影響を受けるでしょう。一番の理想は③の問題が払拭されて本土市場が大きく下落。A-H株価差が小さくなれば株価指数も落ち着いて安心して投資できるのではないでしょうか?今日もそうですが最近又、1日の高値と安値の変動差が大きすぎて見ているだけで疲れます。現在の中国株価はいちいちチェックせずほったらかした方がいいのかな。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/56-6a6b28d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
朝8:30~9:00までに注文を入れます。【所要時間1分30秒】↓9:01~15:09の間にもう一度注文します。【所要時間1分30秒】あなたがやることは、たったこれだけです。1日たった3分で1億2451
2007/10/18(木) 02:21:22 | FX・株式投資で稼ぐ - 初めての投資情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。