中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国株各指数 10/13 19:59 更新
ハンセン指数 17:59 16312.160 1515.290 10.241%
H株指数 17:59 8083.430 947.630 13.280%
レッドチップ指数 17:59 3185.920 331.090 11.598%
GEM指数 17:59 457.190 0.610 0.134%
上海B株指数 15:03 115.425 4.723 4.266%
深センB株指数 15:32 274.060 8.776 3.308%
上海A株指数 15:03 2177.921 76.625 3.647%
深センA株指数 15:32 568.580 10.242 1.834%
上海総合指数 15:03 2073.568 72.996 3.649%
上海_50指数 15:03 1613.839 85.704 5.608%

  週明け13日の香港株式市場は急伸した。この日は国内外に材料が浮上したことを背景に、前営業日に急落した反動から買い戻しが急速に集まった。現地時間10日に開かれた先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が金融危機対策としての行動計画をまとめたことを受け、この日の欧米市場の上昇が期待されたほか、香港政府が外貨準備を利用して相場支援に乗り出すとの見方が広がったことも好感した。中国大陸株が後場で急反発したことで、香港市場では大型セクターを中心に買いがさらに膨らんだ。主要指数の構成銘柄は全面高だった。

 ★下げ過ぎの反動で今日は買い上がったという事か?

 G7については大方は予想範囲内で更なる株価下落は避けられないのでは?

 という見方であったが中国市場ではとりあえず反発した。出だしは香港は3%程度の

 上昇で大陸市場は下落スタートだった。今日の米国市場は注目だが個人的には

 三菱UFJフィナンシャル・グループのモルガン・スタンレーへの出資問題が気になる。

 筆頭株主になるべく1株31ドル程度買取予定だったが株価が先週58%下落。

 10日の米株式市場でMスタンレー株は22.3%安の9.86ドルで引けていた。

 このままでは三菱UFJが多額の株式評価損を背負う事になり、日本全体にも悪影響

 を及ぼすのでは?と思ってしまう。バブル崩壊で不良債権に悩まされた経験からも

 出資は控えてほしいが・・・・ しかしそうなるとモルガンは破綻→米国市場更なる

 株価下落→世界が不況になるのかな? 世界のトップ達が早くもっと具体的な対策を

 早急に実行しないと・・・





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/292-a9e12bd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。