中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国株各指数 09/26
ハンセン指数 17:59 18682.090 -252.340 -1.333%
H株指数 17:59 9589.010 -175.510 -1.797%
レッドチップ指数 17:59 3549.090 -76.420 -2.108%
GEM指数 17:59 561.070 -5.700 -1.006%
上海B株指数 15:03 132.759 1.716 1.309%
深センB株指数 15:31 311.298 4.575 1.492%
上海A株指数 15:03 2408.878 -4.034 -0.167%
深センA株指数 15:31 644.953 6.508 1.019%
上海総合指数 15:03 2293.784 -3.717 -0.162%
上海_50指数 15:03 1811.339 2.531 0.140%

  先週は米金融安定化法案の成立見通しに暗雲が立ち込めて世界株式市場も

 不安定な動きだった。しかしつい先程に米国議会の同意が得られた様子。

 確かに日本でも銀行だけが何故税金で救われるのか?という批判は多々あった。

 今まで大儲けしてきた銀行を危なくなったからと言って税金で救っていたら大半の

 国民が納得できないのは事実。しかし救わなかったら一国の経済の破綻も考えられる

 しかも世界経済の中心を担う米国でそれが起きたら・・・・一般市民の生活事態が大変

 な事になる。公的資金投入はやむなしという判断は仕方がないだろう。

 後は原油動向が気にかかる。景気立て直し策に見通しをかけると原油が高騰して

 インフレ懸念が再発した先々週の事態を考えると・・・・ジレンマに陥ってしまう。

 果たして今、投資すべきなのか?・・・・今までに経験した事がないほどの難しい
 
 局面である。米国の立ち直り推移を見守るしかないのか?

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/289-a9aad438
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。