中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国株各指数 09/05
ハンセン指数 17:59 19933.279 -456.201 -2.237%
H株指数 17:59 10695.860 -229.050 -2.097%
レッドチップ指数 17:59 3822.100 -81.440 -2.086%
GEM指数 17:59 666.740 -12.830 -1.888%
上海B株指数 15:03 147.112 -4.029 -2.666%
深センB株指数 15:31 363.457 -11.157 -2.978%
上海A株指数 15:03 2311.631 -78.748 -3.294%
深センA株指数 15:31 636.672 -24.843 -3.755%
上海総合指数 15:03 2202.446 -74.965 -3.292%
上海_50指数 15:03 1796.961 -48.904 -2.649%

今回の急落は本当に予想を超えた凄まじいものになってしまいました。

H株指数1万割れは視野には入れていたので現在の指数は予想内としても

資源株の暴落は保有投資家にとっては心臓に悪い状態。

例を出すと0347アンガンが昨年10月に最高値40HK程度まで上昇しましたが

現在株価は8.56HK。わずか10ヶ月で株価が1/5にもなろうかとしています。

その他、最近では将来有望とされたインフラ関係が総崩れ。代表的な1800中国交通建設

が昨日の安値で9.41HKまで落ち込みました。

完全に相場全体が総悲観状態に陥ってしまった。原因は世界の商品相場、資源、原油の

急落等外部環境の悪化もありますが中国政府による株価支援策がうわさのままで

全く実施されない事が一番大きいのではないでしょうか?オリンビック後には

間違いなく経済対策が実施されるものとばかり思って打診買いしたものの更に下落して

いく株価に耐え切れず売りが売りを呼ぶ状態がずっと続いています。

米国の状態が思わしくなく世界の景気が悪化しているのに中国内での物価高が

止まらない状態で景気対策も実施できないというジレンマに陥っているのでしょうか?

しかし、日本の輸出先№1に躍り出た中国の経済が立ち行かなくなったら・・・・

今まで№1だった米国の状態を考えると日本の今後の見通しも苦しいのでは?

先日まで原油と資源にお金が行っていましたが暴落する事により米国ドルに流れて

米国の状態に不安が走ると今度は一斉に日本円に雪崩れ込んでいるようですが

そんなに日本は魅力があるのでしょうか?円高になればますます日本企業の収益が

悪化して更に不況になれば日経平均は更に下落。そうなると今度はお金はどこへ行くのか?

中国株が再度見直される時がきっと来ると思うのですが・・・・果たして


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/284-5ba27131
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。