中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国株各指数
ハンセン指数 17:59 22455.670 -179.490 -0.793%
H株指数 17:59 12095.980 -100.270 -0.822%
レッドチップ指数 17:59 4788.230 -64.560 -1.330%
GEM指数 17:59 803.150 -5.520 -0.683%
上海B株指数 15:03 217.958 1.851 0.857%
深センB株指数 15:32 493.820 -1.958 -0.395%
上海A株指数 15:03 3044.071 -3.461 -0.114%
深センA株指数 15:32 886.958 7.717 0.878%
上海総合指数 15:03 2901.850 -3.164 -0.109%
上海_50指数 15:03 2326.900 -7.503 -0.321%

  26日の香港株式市場は小幅反落して取引を終えた。前場は前日発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文が市場の予想通りとなる内容だったことを受け、安心感から買いが広がったが、買い一巡後は利益を確定する動きが強まって、後場で反落した。この日の東京株式市場の続落や中国本土株式市場の反落も悪材料だった。

 ☆1週間ぶりの更新。私はこの間に1055南方航空、1186中国鉄建、2328中国人民財産

 3328中国交通銀行をそれぞれ小額打診買いしました。相場環境は相変わらず好転する

 気配も感じられませんが突然変異で買い一食になる可能性も否定はできません。

 しかし反対にH株指数が1万割れする可能性も念頭に入れる必要もあり・・・

 そうなっても慌てずにチャンスと捉えてナンピンして行きたいと思います。

 但し予想外の状況で個別銘柄にとって将来の見通しが危うくなるニュースが

 あればすぐに損切りは忘れてはいけません。

 要するに悪材料があった時にそれは一時的なものなのか?将来に渡って

 業績を悪化させる重大なものなのかを見極める力が必要なのです。

 一時的なもので大幅に下落したり、将来有望なのに全体の相場環境が

 悪化した為に大幅下落した銘柄はチャンスですね!

 先日も2600中国アルミについて以下の悪材料が流れました。

 
アルミメーカー最大手の中国リュイ業股フェン有限公司[香港上場、中国アルミ(アルミニウムコーポ)、2600]はこのほど、2008年6月中間期決算の純利益が前年比50%以上減少するとの見通しを発表した。20日付で香港・経済通が伝えた。

  年初に中国中南部を襲った記録的な寒波・大雪の影響による電力不足で、一部工場が生産を一時停止したことで生産量が落ち込んだ上に、エネルギーなどの原料価格の高騰が生産コストを増大させた。


 これにより株価は6/18高値11.62HKから6/25安値8.74HKまでわすが5営業日で

 約25%下落しました。そして格付会社による相次ぐ格下げと目標株価の大幅下方

 修正もあり売りが売りを呼ぶ展開になったようです。
 
 この場合のポイントは
 
 ①2600は中国で最大のアルミ生産量で世界でも第2位。
 ②生産量が落ち込んだのは一時的要因。
 ③原材料の高騰は将来に渡っての減益要因

 という事ですね。
 ③は悪材料ですが同業他社も同様に減益となり最大手の2600による
 吸収合併を促進させるという好材料にもなり得ると考えます。
 
 又、政府としてもエネルギー高騰による企業の体力消耗が今後もずっと
 続くなら必ずなんらかの対策はしてくる可能性が高いと思います。

 そしてもう1つ大きなポイントは果たしてアルミというものは今後も
 世界的に需要が見込める重大な資源なのか?という事ですね。
 この辺は私にはよくわかりません。
 原油なら今の所はどんなに高くても買わざるおえない所があると
 思いますがアルミがそこまで高いなら買わないという事で需要が
 減ってしまうと将来的に2600は大変な事になりえます。

 この辺りが投資家個人の判断の分かれ目になます。

 だからそういった知識と判断が成績に大きく影響してくるんですね
 
 


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/264-2347eda7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。