中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国株各指数
ハンセン指数 17:59 24578.760 314.129 1.295%
H株指数 17:59 13419.880 282.310 2.149%
レッドチップ指数 17:59 5559.820 150.500 2.782%
GEM指数 17:59 883.650 3.690 0.419%
上海B株指数 15:05 253.073 11.826 4.902%
深センB株指数 15:31 558.322 17.869 3.306%
上海A株指数 15:05 3777.247 160.869 4.448%
深センA株指数 15:31 1120.829 65.416 6.198%
上海総合指数 15:05 3599.618 153.374 4.450%
上海_50指数 15:05 2954.229 125.603 4.440%


 連休明け7日の香港株式市場は4日続伸した。この日の本土株の急伸を手掛かりに、本土株と連動性の強いH株指数を中心に買いが膨らんだ。前週末の米株式市場で、08年3月の雇用統計が予想を下回ったにもかかわらず、ダウが小幅安にとどまったことも、相場心理を明るくした。

  主要指数は高値で寄り付き、その後も買い優勢で推移。ただハンセン指数には上値の重さもみられた。指数が連休前の3日に、ほぼ1カ月ぶりに24000ポイント台を回復したことで、一部に利益確定の売りがみられ、節目の25000ポイント付近で伸び悩んだ。

  ハンセン指数構成銘柄は時価総額上位の中国移動(0941)が3.716%高と急伸して指数をけん引した。香港不動産セクターはまちまち。長江実業(0001)が1.501%高、新世界発展(0017)が2.228%高と買われる一方で、新鴻基不動産(0016)が1.351%安となるなど利益確定の売りもみられた。

  H株指数構成銘柄は保険セクターが強含み。平安保険(2318)は、傘下の中国平安信託公司が、検診会社の康健国際控股(8138)に出資すると伝えたられたことで5.234%高と急伸。中国人寿保険(2628)も3.378%高と連れ高となった。そのほか、前引け後に07年12月期本決算を発表した中遠太平洋(1199)が、47%増益の好業績を好感されて6.000%高と大幅に上昇した。

  中国大陸株式市場は大幅続伸。石油株の急伸をきっかけに主力株が買い進まれてほぼ全面高。上海総合指数は5営業日ぶりに3500ポイントを回復して、この日の取引を終えた。


 ☆今まで異常な程に売られた反動なのか? 相場環境が一転したかのような値動き

 になってきました。しかしほとんどの日本人から見た中国は未だに怪しい国という

 印象が拭いきれない。チベット問題、食料問題に続き中国製衣料品にも・・・・

 又、世界各国を周るオリンピックの聖火リレーの暴動騒ぎ。

 にも関わらず中国株は復活の兆し・・・・チベット問題がなければ素直に買いでOK

 だと思うが・・・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/242-6232146c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。