中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 中国株を少しでもかじった事がある人なら知っている1800中国交通建設です。当社は港湾施設から道路、橋や鉄道建設という国の交通物流インフラ構築に不可欠な会社です。中国ではこの交通物流インフラの構築は国家的な課題です。つまり国策に乗る銘柄といっても過言ではなく、国策に売りなしの株式格言どおり、中長期で是注目したい銘柄。2006年12月15日に新規上場。初値は7.8香港ドル、現在は18.22香港ドルと初値後倍以上。現在の株価は昨年利益でPER60倍を超えていますが2007年上期の状況は24%の増収、純利益は2.5倍となりました。一株利益は0.19元。来年予想PERで47倍程度。PER面での魅力は低まっていますが、昨年発表された第11五ヶ年計画では、中国政府は交通輸送を優先発展させる計画で、交通輸送インフラ整備の投資は依然として高い水準を保つことが予想できます。交通輸送インフラが整備されていないと輸出、輸入の効率が悪化し、更なる経済の発展は難しくなります。そのため海運、陸運、港湾の建設は取り急ぐ必要があります。特に、高速道路の建設や橋や、トンネルの建設、地下鉄など鉄道建設、空港、港湾建設などはなくではならないと思われます。
 2006年度インフラ建設業務では売上高は前年度より214億増の766億になり、39.3%増になった。営業利益は9.91億で、前年度の4.83億から大幅に増益となりました。2007年度に入っても上期の実績で売上は36%増、受注も68%増、受注残は1265億元を抱えています。
 当事業は、中国の主要の港湾建設を行ったり、橋や道路の建設、鉄道の建設などが主要事業。具体的には深浅のコンテナターミナルの建設や上海の鉄鉱石受け入れターミナルの建設、蘇通長江公路大橋の建設、杭州湾大橋などの建設に携わる。いずれも国家的なプロジェクト。

このインフラ構築事業一つとっても受注残も約1.5年分と豊富であるし、この上期の受注も前年比68%増と売上以上に伸長しています。その為、まさに第十一次五カ年計画の政策効果が出始めているといえるのではないでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/23-4beafb3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今までに掲載した個別注目株を振り返りたいと思います。中国注目株の推移銘柄コード---銘柄名-----注目日---注目時株価(HK)--10/12現在株価?0991---大唐国際発電---19.9.23------7.76----------9.33?0493------国
2007/10/13(土) 17:14:51 | 株式投資日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。