中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国株各指数
ハンセン指数 16:37 22301.640 -1121.120 -4.786%
H株指数 16:37 12094.060 -783.290 -6.083%
レッドチップ指数 16:37 4858.370 -301.620 -5.845%
GEM指数 16:37 938.780 -32.230 -3.319%
上海B株指数 15:05 290.296 -6.652 -2.240%
深センB株指数 15:31 581.639 -10.497 -1.773%
上海A株指数 15:05 4166.432 -103.759 -2.430%
深センA株指数 15:31 1313.417 -45.187 -3.326%
上海総合指数 15:05 3971.257 -98.859 -2.429%
上海_50指数 15:05 3111.837 -52.948 -1.673%

 投資家心理と相場観が最悪になりつつある。私が目安にしていた本土上海総合指数がついに4000割れ。そしてH株指数は3月10日に付けた直近安値12079をあっさり更新。もう1月22日の11778を目指して安値更新も時間の問題という感じですね。

 今月に入って投資家心理が少し上向いた3月6日と昨日の12日は前場は4%以上上昇するも後場こから下落して上げ幅を縮小という同じパターンであった。すなわちその日はそろそろ底打ちか?打診買いを入れようという投資家達が罠に嵌った日でもある。

 為替もドル安が止まらない。13日夕方の外為市場で、ドル/円 JPY= が一時99.77円まで下落。12年4カ月ぶりに100円を割り込んだ。ドルは対ユーロ EUR= でも1999年のユーロ導入来安値を一時更新。

 しかし、「サブプライムモーゲージ(信用度の低い借り手向け住宅融資)問題を背景に、海外大手金融機関の経営悪化や米景気減速に対する懸念が高まり、ドル安が進んでいる」と言われているがこの傾向はいつまで続くのか? 

 FOMCでの緊急利下げは間違いないのにこの相場環境になってしまう事が理解困難。原油が高値更新し続けている為か? とりあえずこのドル安が止まらないかぎり買いには行けないですね。

 中国政府の株価対策がそろそろ発動されるかもと思う今日この頃である。
 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/223-ebb7dbeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。