中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  週明け25日の中国大陸株式市場でA株相場は大幅続落し、上海総合指数は前営業日終値比2.958%安の4241.019ポイントで前場を終えた。

  中国人民銀行(中央銀行)の易綱副総裁が「中国経済の当面のリスクはインフレへの移行だ」として金融引き締め堅持の姿勢を改めて示したことが嫌気された。08年の大陸上場企業の増資による資金調達額が2750億元に達するとの報道で、需給悪化懸念もくすぶった。

  鉄道建設大手の中国鉄建がこの日、IPO(新規株式公開)公募の受け付けを開始したことで、投資資金が申し込みに流れ、市場に流通する資金が縮小するとの懸念も広がった。

  外貨建てのB株相場も続落し、前場は上海B株指数が前営業日終値比2.141%安の306.921ポイント、深センB株指数が同1.638%安の621.264ポイントで終えた。


☆やはりインフレ問題で本土が又大幅下落。本日の日本市場が顕著で先週末の米国もモノ

ライン救済策発表期待でダウが+90まで切り替えしたので香港はプラススタートだったが本

土が足をひっぱり前場はマイナス圏へ。私は所有しているペトロと中国アルミはすべて処分し

ました。しばらく神経質な相場になりますね。

果たして後場からの展開は? 

本土が切り返して上昇に向かえば香港も・・という事になりそうですね


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/199-bd9402a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。