中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0493国美電器です。中国のヤマダ電機として要注目です。

 ヤマダ電機は1989年上場。当時は日本のバブル絶頂でした。当時の株価は1100円程度。直近高値が15590円と約14倍ですが、株式の分割を二回行っています(3割無償と3分割)。したがって株数は約4倍となっていて当初の1000株保有者は39000株の保有者となっています。例えば、1000株を110万円で買って株主になっていればピーク時(2006年1月)はなんと6000万円以上です。普通、1989年バブル当時に買った日本株は今では目を覆いたくなる会社ばかりである事を考えてもヤマダ電機という会社の成長力がわかります。

家電量販店で買い物は世界共通のトレンド

 ヤマダ電機は今や1兆円の売上を超える大企業に発展したのですが、これは家電製品の販売が各町にあるメーカー系列の電気屋さんから、大型店へ急速に変化したことから生まれたビジネスチャンスを掴んだためです。既に日本では業界トップのヤマダ電機は日本全国278店舗体制を敷いています。大量に仕入れて販売するため、価格競争力が勝り、品揃えも豊富なことから顧客のニーズを捉えたといえますでしょう。

中国は日本の26倍の国土があります。この中国においてもまさに日本と同じ現象が起こりつつあるのです。昨年中国の家電量販店NO1の国美電器(香港市場493)とNO3で上海ではNO1の家電量販店永楽電気の合併が決まりました。これによって国美電器が存続会社となり、中国では断トツトップの家電量販店会社が誕生したのです。中国においても家電量販店の出現は1987年国美電器にさかのぼりますが、90年代は北京など一部の地域に限られました。2000年以降それが中国各地へ広がって行き、マイカーの普及と共に今まさに発展期を迎えているのです。

中国でも小売業界の再編や集約化の流れは日本と同様になることが予想されます。なぜならば、購買パワーのある大手が安い値段で仕入れそれを顧客に他よりも安く提供するという構図は変わらないから。国美電器は北京や天津、重慶、成都、西安、深浅、福州、広州、武漢、瀋陽、青島、東莞など中国の多くの都市で家電量販店を営む業界トップの会社です。
国美電器と永楽電器の売り上げ推移
売上は2001年12月期38.72億元が2002年には66.19億元、2003年には93.46億元、2005年には約180億元の売上規模を誇ります。

これは日本円にして、2700億円規模。一方、永楽電気も122億元規模(2005年12月期)両社を単純に合わせると、300億元、4500億円規模の会社が誕生したのです。店舗数は中国全土で国美電器が338店舗、永楽電気が225店舗で合計で563店舗となります。日本の26倍の国土があるわけですから、まだまだ出店余地は大きいといわざるを得ません。
中国の家電量販店市場はまだこれから
日本ではご存知のようにコジマやヤマダ電機がその圧倒的な品揃えや安さなどからそれまでの主流であったメーカー系列の電器販売店からシェアを急速に奪い今やどこにでもある存在となっています。

中国においてもこのようなプロセスをたどることが予想されます。家電製品に対する中国の消費は年率10%以上の成長を続けています。中でも携帯電話やエアコン、パソコン、大型テレビなどが売れ筋であり消費者ニーズも多様化し、より安いところで購入するというトレンドは日本同様です。しかし、中国においてはまだまだ量販店の存在は大きくない。ここ数年で一気に存在感を高めてはいるが、まだ家電消費の15%を占める存在に過ぎません。それだけに当社の活躍余地出店余地はまだまだかなりあると判断しています。こんな将来有望な銘柄がたった10万円ちょっとで投資できることが中国株の魅力なのです。

家電量販店事業はシェアを獲得したもの勝ち、出店したもの勝ちの面が強い事業です。いったん販売力を保有することができれば収益は目覚しく良くなってくることはヤマダ電機が証明しています。日本ばかりでなくアジアに視点を広げるだけで大きく視野は開けるのではないか?

但し今後、外資が中国市場を狙って上陸等すれば業界が激変する可能性は考えられる。又、規模拡大に伴う資金調達の公募増資等で株価が下がる(この時が買いチャンスとも言えるが・・・)事も考えられる。しかし、中国内で規模を拡大した国美電器の優位性はなかなか揺らぐものではないと考えます。

 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/19-19600658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
今までに掲載した個別注目株を振り返りたいと思います。中国注目株の推移銘柄コード---銘柄名-----注目日---注目時株価(HK)--10/12現在株価?0991---大唐国際発電---19.9.23------7.76----------9.33?0493------国
2007/10/13(土) 17:07:57 | 株式投資日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。