中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国株各指数
ハンセン指数 17:59 24053.610 -1068.759 -4.254%
H株指数 17:59 13319.490 -696.260 -4.968%
レッドチップ指数 17:59 5176.200 -268.010 -4.923%
GEM指数 17:59 1046.890 -28.030 -2.608%
上海B株指数 15:05 304.853 -16.254 -5.062%
深センB株指数 15:32 625.597 -31.870 -4.847%
上海A株指数 15:05 4637.807 -359.867 -7.201%
深センA株指数 15:32 1405.636 -104.008 -6.890%
上海総合指数 15:05 4419.294 -342.394 -7.191%
上海_50指数 15:05 3597.264 -278.314 -7.181%

 先日、投資家心理が好転したか?と記載しましたが再び大暴落です。
やはり今年の相場は難しい。昨年の中国市場を知っている人は一旦好転したらしばらく続く印象を持っていたでしょう。しかし、今年は過剰反応とも言える相場が続いており本当に一瞬先は闇です。

 昨年は上昇気流にさえ乗れば大型優良銘柄ならなんでも儲かっていたが今年は2極化しているのではないでしょうか?

 すなわち①大幅下落した時に買って上昇してから売りを繰り返している人はこの環境の中で結構な利益を手にして反対に②昨年高値で購入した銘柄を大幅下落の中で狼狽売り→上昇時にこれで底入れ確認したと思い再度購入を繰り返してしまった人等、この①と②の人で同じ中国株投資家の中でもかなりの格差が生じている可能性があります。

 私自身は、どちらにも属しないタイプですね。昨年高値よりは中国株資産は約1.5割程度下落です。指数自体が昨年高値20500ポイント、今年の最安値12000割れという半分近く下落した事を思えば・・・と自分自身に言い聞かせて「今がチャンス」と感じています。

 印象としては中国企業自体には昨年高値時と比べてもなんら変化はないです。むしろ好決算連発であり銘柄さえ間違わなければこんなチャンスはないかも・・・日本企業が利益UPの中で株価が暴落しているのとは分けが違います。なにせ中国政府は経済の急発展をバブル崩壊怖さに抑制する施策を連発しています。

我慢していればいつかは報われると信じて・・・

 今は辛抱の時期、成長確実で抑制施策の範囲外である交通インフラをメインに売買タイミングを早めて行きたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/171-2e668a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。