中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国株各指数
ハンセン指数 16:32 27017.090 -12.170 -0.045%
H株指数 16:32 15732.780 94.100 0.602%
レッドチップ指数 16:32 5875.190 -31.480 -0.533%
GEM指数 16:32 1287.840 1.670 0.130%
上海B株指数 15:05 354.575 0.736 0.208%
深センB株指数 15:31 679.181 2.357 0.348%
上海A株指数 15:05 5292.396 107.266 2.069%
深センA株指数 15:31 1426.134 19.551 1.390%
上海総合指数 15:05 5043.535 101.751 2.059%
上海_50指数 15:05 4040.036 86.981 2.200%

 本日は本土中国が顕著。個人的には昨日まで悲観的だった市場が昨日夜中の米モルガン・スタンレー へ中国投資公司から50億ドルの出資のニュースが本土投資家に誇りと安心感を与えたのか?と深読みしそうです。 日本円で5500億円以上の出資を米国の1企業に簡単ではないだろうが実行する所に驚いた。

 米国にとっても中国の存在感が益々増大しているという印象。米中は確かに人民元切り上げ要求等の問題はあるが今後、友好的な関係作りをしていく、せざるおえなくなるのか?

 今後、徐々に人民元が強くなるのは間違いないがそれによって中国企業による日本やその他外国企業の買収が容易になってくるのでは?という所まで考える必要が近い将来来るのか? 

 目先の問題であるサブプライムも今後、もし重大な局面に来たとしても再度、中国政府、企業が登場して今回のように支援すれば世界の中の中国の存在感が大きくなるでしょう。

 何せ中国政府は上場前後の優良未公開株を大量に保有しているので自国の成長に合わせて徐々に放出していけば資金的な問題も起こりにくいのでは?

 又、延々としている本土投資家への香港市場解禁も近い将来行われれば中国の国際化も進んでいくでしょう。

 日本市場は別として昨日とは打って変わって投資家心理は好転したでしょう。明日は香港市場が大幅上昇してほしいですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/12/20(木) 20:45 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/131-25c2e9dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。