中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
◆米国市場◆
12月13日
<NYダウ>
13517.96 △44.06
<NASDAQ>
2668.49 ▼2.65
<為替:NY終値>
112.20 - 112.26

 昨日の米国市場は新規失業保険申請件数が予想を下回り、小売売上高が予想を上回るなど、本来であれば好感されるべき指標も好感されず、PPI(生産者物価指数)が予想を上回り、インフレを懸念した売りに押されました。市場のセンチメントが悲観的になっているなかで、予想以上の決算を発表した銘柄は出尽くし感から売られ、投資判断の引き下げのあった銘柄は素直に売られ、総じて軟調となりました。さすがに引けを意識した時間帯からは買い戻しなども入り底堅くはなりましたが、ダウ平均は小幅高、ナスダック指数は小幅安となりました。

 本来であれば、サブプライム問題の影響も限定的とされるような指標が発表され、前日の各国中央銀行の協調発表にもかかわらず、引き続きサブプライム問題に関連して金融株が売られ、指数の足を引っ張っています。足元の景況感は悪くなく、懸念された個人消費も堅調なようであり、サブプライム問題も金融機関の問題として捉えてもいいのではないかと思うのですが・・・

 本日の日本と中国の動向は如何に・・・・
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/124-8aa49459
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
NASDAQのナスダックのビルNASDAQ(ナスダック、National Association of Securities Dealers Automated Quotations)は、1971年に全米証券業協会(NASD)の主催で開設されたアメリカ合衆国にある世界最大の新興(ベンチャー)企業向け
2008/01/08(火) 11:05:14 | 株をよろしく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。