中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国株各指数
ハンセン指数 17:35 27744.450 -776.611 -2.723%
H株指数 17:35 16332.080 -630.539 -3.717%
レッドチップ指数 17:35 5991.310 -222.730 -3.584%
GEM指数 17:35 1343.920 -21.380 -1.566%
上海B株指数 15:05 351.589 -7.390 -2.059%
深センB株指数 15:31 681.981 -17.977 -2.568%
上海A株指数 15:05 5202.453 -144.462 -2.702%
深センA株指数 15:31 1366.736 -53.178 -3.745%
上海総合指数 15:05 4958.043 -137.500 -2.698%
上海_50指数 15:05 3948.737 -134.857 -3.302%

 
 13日の香港株式市場は大幅続落。米連邦準備制度理事会(FRB)など欧米5中銀が緊急資金供給の協調策を打ち出したことで、朝方は高く寄り付いたが、その後は米経済を後押しするには不十分との見方が広がり、米景気の先行き懸念が再発して売りが強まった。また米利下げへの失望感や中国本土での不動産融資規制の強化、この日の中国本土株の大幅安など悪材料も重なった。後場寄り付きに急落するなど午後はさらに深押しした。ハンセン指数はほぼ全面安だった。

 日経平均株価も大幅続落。前日の米国株市場が欧米の協調による流動性供給策を好感し、一時大幅上昇する場面もあったが、金融機関の損失拡大懸念が相殺する格好で上げ幅を縮小させたことが嫌気された。前日の米グローベックス市場の堅調推移をみて先回り買いを入れた目先筋の投げ売りを誘う展開となったほか、売り一巡後も米リーマン・ブラザーズの決算やメジャーSQ、日銀短観などの重要イベントを控えて押し目買いは限定的となった。終日薄商いのなかを先物主導で下値を切り下げ、安値圏で大引けを迎えた。大引け概算の日経平均株価は前日比395.74円安の15536.52円。東証1部市場の売買高は2162.01百万株、売買代金は2兆8081.85億円。騰落銘柄数は値上がり131、値下がり1544、変わらず51。業種別は33業種中、値上がり1業種、値下がり32業種。原油高を好感した鉱業のみが小幅上昇。一方、銀行業、不動産業、その他金融業、保険業、証券・商品、鉄鋼、建設業などが大幅下落。個別ではニチアス(5393)がボリュームを伴って大幅続伸。一方、三菱UFJ(8306)、三井住友FG(8316)、みずほFG(8411)などメガバンクは軒並み大幅下落となった。

 ★昨日夜の為替で急激に円安に戻したり米国市場が顕著だったので本日の急落は全く予測できなかった。本日の急落は本当に説明が困難。欧米5中銀が緊急資金供給の協調策を出した事で米国では前向きにとらえられたが香港と東京市場では「むしろ、各国が大量の資金供給をしなければならないほど、状況は厳しい」として、警戒感が増幅する結果となったとしか言いようがない。

 再びサブプライムローンの恐怖が襲う。今回は特に悪材料が出たのではなく、予防線を張ったらそれが投資家の不安を増幅させて売りが売りを呼んだ。本当に株式市場にとってこの問題は根深い。以前から疑問なのだが本当にそんなに警戒しないといけないのか?

中国各企業の業績は大幅増益連発。それによって政府が税金以外に利益の1部を横取りするという政策も発表される始末。現状は買い時なのか売りなのか本当に理解し難い。ただ中国に限ってはやはり政府が成長加熱をなんとか抑えたいという思惑を強く感じる。日本にしてみれば羨ましい状況。戦後から凄まじい程に成長していく日本を見ていたアメリカ等の他国の気持ちが今の日本にはわかるかも?

私の場合はやはり今後の中国の発展を信じて行きたい。今更、所有中国株を全部手放してもその資金をどうするか考えても思い浮かばない。その中で利益確定と押し目買いを少しずつしていきたい。

 中国株をしていて非常に強く感じるのがその時々にテーマになる企業や業種が存在している事です。そしてテーマになっている時は集中して上昇し、やがてそのテーマの変更を余儀なくされて以前のテーマ企業は利益確定で大幅下落する事です。最近等は香港株は大幅に下落しているのですがインフラ銘柄は下値が硬い。反対に海運業、石油、素材の下落の仕方は酷いものです。

 昨日も投稿しましたが本当に最近の変動は凄いです。一寸先はやみ。今年残り少ないと書き続けていますがこれといった材料もないのに予断を許さない状況になりました。テロや大規模な自然災害、サブプライムで大きな問題発生ならわかりますが・・・・現在、為替も若干、米国ドル安になりかけていますが本日の米国市場は果たしてどんな動きになるでしょうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/123-a2282921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。