中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FXマーケット情報
12月12日 23:05 現在
通貨ペア 現在値 前日比
ドル円 111.82-86 1.19 ▲
ユーロ円 164.90-94 2.74 ▲
ポンド円 229.91-01 4.86 ▲
豪ドル円 99.39-45 2.76 ▲
加ドル円 110.91-99 1.96 ▲
NZドル円 88.44-52 2.96 ▲
スイスフラン円 98.84-90 1.00 ▲
香港ドル円 14.34-36 0.15 ▲
SGドル円 77.69-74 1.17 ▲
南アランド円 16.74-80 0.54 ▲
ユーロドル 1.4741-46 0.0089 ▲
ポンドドル 2.0559-65 0.0221 ▲

 日本時間の本日午前2時頃に米国の0.25%利下げが発表になったがこれが小幅に留まったという事で急激に株が売られ為替も急激に円高になった。先程、本日の株式は前面安にであった旨伝えたが現在の所は上記の様に急激に円安が進行。24時間前と比べてもほとんどの通貨が円安である。この短時間の間にこれだけ激しい変動は私は経験ない。

 やはり昨日の米国市場の下げが間違いなのか? いや所詮、株式や為替は需給関係で値が決まるのだから間違いではない。数多く流れてくる情報をどう捕らえて判断するのかが重要。

 急激に下がっているから自分も売るだけではなかなか旨く行かない。ましてや為替等は24時間動いているので本日の様な動きをされたら日本に居る投資家は今朝起きてびっくりした人が多かったのでは?

「なんでこんなに円高になっているんだ! 米国の利下げが0.5%ではなくたったの0.25%だったのか こんなにサブプライムが問題になっているのに・・・もうドルと株は売る」と本当に今朝売ってしまった人も居るのでは?

中国株の対処方法でも強く感じるが急激に所有株の株価が下落している時に売るのは構わないが何故下落しているのか?をできるだけ正確に知る必要がある。でもほとんどの場合は理由なんてない。 今日の中国市場の下落も米国が下落したからという理由だけ。だから一旦売却するのはいいがいつ買い戻すのかが重要。

 私の場合は、1日中ずっと市場に張り付いている事もできないので基本的には動かずに耐えたいと考えている。中国株式でも自分が調べて信じて購入したのだから悪材料がないかぎりは耐える。(こんな投資方法だから4年前売買停止してしまう8035ワーサンガスも所有しているのだが・・・) 為替も大きな赤字を抱えてもレバレッジを低くしてスワップ
金利で儲けようというスタイル。

 昨日、「今年残り3週間だがまだ何か起こるかわからない」と投稿したがまさか、本日こんな事になるなんて・・・・あー怖い怖い。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/121-2c6d7ff4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。