中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ドライコンテナやバラ荷を扱う太平洋航運集団有限公司[香港上場、太平洋航運(タイヘイヨウコウウン)、2343]について、UBSは目標株価をこれまでの16香港ドルから21香港ドルに引き上げた。投資判断は「買い」を維持した。16日付で香港・経済通が伝えた。

  UBSは輸送運賃の値上がりと資産売却の2点が見込まれることを理由に、2007-09年の予想EPS(1株当たり利益)をこれまでの0.13米ドル、0.19米ドル、0.2米ドルから、それぞれ0.16米ドル、0.25米ドル、0.24米ドルに引き上げた。07年の期末配当は0.55香港ドルとみている。

  一方でUBSは、08、09両年の海運業界の需要が上向くとしたものの、鉄鋼価格の動向が輸送運賃の調整を招くこと、バルチック海運指数の値動きに影響されることの2点をリスク材料に挙げた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ykuni.blog112.fc2.com/tb.php/104-d485e762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。