中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 大納会30日後場の日経平均株価は前日比279円07銭安の1万7450円77銭と大幅続落し、安値引け。終値での1万7500円台割れは18日(1万7210円05銭)以来7営業日ぶりの安値水準となる。後場寄り付きは、前場の軟地合いを引き継ぐ形で売り先行で始まった。その後の戻りは鈍く、再度軟化。対ドルでの円下げ渋りもあって、株価指数先物に売り物が出て下げ幅拡大の流れとなった。ギリシャの政局不安など海外情勢を見極めたいとの空気から、ポジション整理売りの流れが続いた。なお、今年1年間では、上昇率7.1%となり、年足は3年連続で陽線となった。

 東証1部の出来高は16億6698万株、売買代金は1兆6172億円。騰落銘柄数は値上がり461銘柄、値下がり1261銘柄、変わらず137銘柄。

 市場からは「ギリシャリスクを警戒する向きもあるが、欧米株の反応を見る限り、気にし過ぎではないか。むしろ、連休を前にポジション整理の動きが強まったとみている。新年は、改めて日銀のETF(上場投資信託)買い思惑などがサポート要因として意識されよう」(準大手証券)との声が聞かれた。

 30日午前のロンドン外国為替市場の円相場は、年末で薄商いの中、円買い・ドル売りが優勢となった東京市場の流れを引き継ぎ、1ドル=119円台前半となった。正午現在は119円35~45銭と、前日午後4時(120円50~60銭)比1円15銭の大幅な円高・ドル安。

 東京市場では株安などを背景に、円買い・ドル売りが進行した。ただロンドン市場入り後は落ち着き、ドル円は119円台前半から半ばを浮動している。ある市場関係者は「特段の材料はなかった。外国勢にとっては期末、日本勢にとっては年末のため、調整的な売買があったのではないか」と話した。年末で薄商いの中、通常以上の値幅が出たと見られる。
 ユーロは対ドルでもみ合い、1ユーロ=1.2160~2170ドル(前日午後4時は1.2175~2185ドル)。対円では下落し、145円20~30銭(146円85~95銭)。

 もっともユーロに関しては、来年1月に予定されているギリシャ総選挙など、「年始以降注目される公算が大きい」(前出の関係者)材料が少なくない。
 他の欧州通貨では、英ポンドが1ポンド=1.5530~5540ドル(1.5525~5535ドル)、スイス・フランが1ドル=0.9885~9895フラン(0.9870~9880フラン)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。