中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国株各指数
ハンセン指数 17:59 25914.150 247.861 0.966%
H株指数 17:59 14297.830 101.170 0.713%
レッドチップ指数 17:59 5886.430 56.450 0.968%
GEM指数 17:59 863.980 -1.030 -0.119%
上海B株指数 15:05 255.226 2.314 0.915%
深センB株指数 15:32 559.476 -4.697 -0.833%
上海A株指数 15:05 3696.740 51.163 1.403%
深センA株指数 15:32 1108.111 11.747 1.071%
上海総合指数 15:05 3523.405 48.683 1.401%
上海_50指数 15:05 2960.893 42.282 1.449%

  29日の香港株式市場は上昇して取引を終えた。この日の中国本土株の反発や、中国銀行(3988)の好調な2008年第1四半期(1-3月)決算を受けて、投資家心理が上向いた。国際商品市況の値上がりしたことで、石炭、石油銘柄が買い進まれほか、29、30日に開かれる米連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げ期待なども買い材料となった。

 ☆4半期決算の発表が続いているが1部企業を除き好決算である。特に銀行株は

 予想通り他国の銀行のようなサブ問題の影響もなく増益幅が凄い。

 チベット問題でオリンピックの各国聖火リレーは荒れ模様であったが大きな問題

 に発展する事もなさそうかな?

 確かに中国の多様な問題には懸念があるが中国の発展で他国が大きな恩恵を

 受けているのも事実。「中国は問題が多いから今後、一切つきあいしません」と

 言い切れる国ないのでしょう。

 という事で今後は積極的に押し目を狙って行きたい。

 注目は環境関連、水、消費産業ですね!

 資源も入れたいがそうなると米国の状態を再度確認必要ですね。

 


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。