中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 14日からの週は、経済指標よりも米金融機関の決算や
原油動向など米経済に対する不安要因を巡っての
取引が続いた。序盤は米住宅金融公社支援策が好感され
る動きから始まったものの、米金融機関に対する投資
判断の引き下げなどで株価が不安定に推移、原油市況も
高止まりしたことで、円買い、ドル売りが強まった。
ドル円は103円台後半と1ヶ月半ぶりの安値、
ユーロドルは1.60台半ばと最高値を更新した。
バーナンキFRB議長の議会証言は景気下振れに言及
したことでドル売りを強まる場面があった。
しかし、週後半は米JPモルガン、米シティと大手行の
決算が予想ほど悪化しなかったことから相場の地合が
一気に好転、株高、債券安となって、ドル買いおよび
円売りの動きへと反転した。原油先物が大きく下げた
ことも米経済へのリスク要因を軽減し、好感された。
ドル円は106円台、ユーロドルは1.58台と週初の水準を
回復し、市場の不安感は和らいだ。


(14日)
週明けの東京市場は、週末に発表された米GSE支援策が
好感されドル買いが先行した。ドル円は106円近辺から
106円台後半へ上昇、ユーロドルは1.59台後半から
1.58台後半へと下落した。
しかし、原油先物が下げ渋ったことや、米金融機関に対
する不安感がドル買いを限定的とした。
ロンドン市場も、ドル買い傾向が引き継がれた。
欧州株、グローベックスが金融株中心に上昇して、ドル
を支えた。ドル円は106円台後半、ユーロドルは一時
1.5850割れとなる場面があったが、値動きは限定的に。
個別通貨では買収関連の報道でポンド買いユーロ売りが
進行したことや、豪ドル/ドルが0.97近辺と25年来の
高値水準で取引されたことが目立っていた。
NY市場では、金融不安が再燃、円買いが先行した。
序盤は米GSE支援策が好感されたものの、大手証券が
米地銀や住宅金融の一角の投資判断を引き下げたことを
きっかけに、株価が急落、市場に金融不安が広がった。
ドル円は106円近へ下落、ユーロ円は168円台後半へ
ポンド円は211円台半ばへと軟化した。
ドルも売られ、ユーロドルは再び1.59台に乗せた。

(15日)
東京市場は、前日NY市場の金融不安ムードが継続して
ドル安、円高の圧力がみられた。ドル円は106円台前半
から105円台後半に軟化、ユーロ円は168円台後半で上値
の重い展開が続いた。ユーロドルは1.59台半ば、ポンド
ドルは1.99台後半へとじり高の動きだった。
また、豪ドル/ドルは一時0.97台半ばに上昇して
変動相場制移行後の最高値を更新した。
ロンドン市場でも、一段とドル売りが進行した。
ユーロドルは1.59台半ばに反落する場面があったものの
買いが強まり、1.6040レベルとユーロ発足来の最高値を
更新した。独ZEW景況感が-63.9と予想外の悪化だった
もののユーロ売りよりもドル売りの勢いが強かった。
英CPIは前年比+3.8%と予想以上に伸び、ポンド買いが
強まった後は利益確定により揉み合いが続いた。
豪ドル/ドルは0.97台後半に一段高となるなど、ドルが
全面安だった。金融不安が株価を押し下げ、欧州株では
主要な銀行株が軒並み下落、米ワコビアやファニーメイ
の大幅安でグローベックスも軟調だった。
NY市場は、原油先物が急落したことで米景気後退懸念が
緩和され、ドルの買い戻しが強まった。
序盤は、バーナンキFRB議長の議会証言が注目された。
米景気の下振れリスクが言及されたことからドル売りが
先行したが、原油先物がこれを嫌気して急落すると、
一転してドル買いが強まった。
ドル円は104円近辺へと下落後、105円台へと反発した。
ユーロドルは1.60台前半へ上昇後、一時1.59割れへと
反落する激しい値動きだった。
終盤にかけては週後半の米金融機関決算への警戒感から
株価が軟調になり、ドルが小反落して引けた。
米経済指標では、小売売上高が予想を下回ったが、市場
の反応は薄く、もっぱら株価や原油動向が材料だった。

(16日)
東京市場は、前日のNY市場後半の金融機関決算への警戒
感を受けて、リスク回避的な円高の動きだった。
クロス円ではユーロ円や豪ドル円が前日の安値を更新す
るなど、軟調な動きが目立った。ユーロ円は166円割れ、
豪ドル円は102円近辺へと下落した。ドル円は104円台
前半へとじり安の動きだった。ユーロドルは1.59挟み、
ポンドドルは2.00台前半での取引が続いた。
ロンドン市場は、序盤はリスク回避の円買い・ドル売り
が進行したものの、米銀大手の決算が予想より強い結果
だったことで、円売り・ドル買いへと反転した。
ドル円は一時103.77レベルと6月3日以来の安値をつけて
始まったが、米銀ウェルズファーゴの第2四半期決算が
予想を上回ると104円台半ばへと反発した。
ユーロドルは1.59台前半へと上昇後、一気に1.58台後半
へと反落した。英雇用統計が予想より悪化したことで、
ポンドは比較的軟調だった。
NY市場では、原油が急落し、ドル買いが強まった。
序盤に発表された米消費者物価指数は前月比1.1%、
前年比5.0%など各項目で高い伸びを示した。
株安・金利上昇による円買い・ドル売りの反応は
一時的なものに留まった。石油在庫統計の発表後に
原油先物が急落すると、米経済の先行き懸念が弱まった
としてドルを買い戻す動きが強まった。
さらに、バーナンキFRB議長が「市場の混乱が為替介入
を正当化することもある」と発言、為替介入の可能性を
示唆したこともドル買いを促した。FOMC議事録では、
利上げを検討とのタカ派の内容があり、ドル高傾向を
継続させた。ドル円は105円台前半へ上昇、ユーロドル
は1.58近辺へと反落した。原油安を好感して株価が堅調
で、円売りの動きもみられた。ユーロ円166円台半ば、
ポンド円210円台前半へと回復した。

(17日)
東京市場は、英FT紙の記事を背景にドルが軟調だった。
英FT紙は「政府系ファンドがドル建て資産を減らそう
としている」と報じたことで、ドル売りが優勢となり、
ドル円は105円台前半から104円台後半に反落、
ユーロドルは1.58近辺から1.58台半ばへと上昇した。
ただし、日経平均は堅調に推移したことから、クロス円
はユーロ円166円台前半で底堅い値動きだった。
ロンドン市場では、米JPモルガンの決算でドル買い、
円売りが強まった。主要な英欧経済指標の発表は無く、
市場の関心は米企業決算や株価動向に注がれた。
序盤は株価にらみで揉み合いとなったが、JPモルガンの
第2四半期決算が予想を上回る強い結果だったことから、
一気にドル買いが進行した。ドル円は105円台後半へ、
ユーロドルは1.58台前半へとドル買いが進行した。
ダウ平均先物が上昇したことから円が売られ、ユーロ円
は167円台半ばと安値から1円50銭上昇、ポンド円も
211円台半ばと約2円の大幅高になった。
NY市場は、原油と米企業決算がメインテーマだった。
序盤は原油高を嫌気してドルが軟調になったが、原油が
急落したことをきっかけにダウ平均が大幅高になった。
ドル買い・円売りが強まり、ドル円は107円台に乗せ、
ユーロドルは1.57台後半へ下落した。
ユーロ円は169円台前半へと一段高になった。
ただし、後半はメリルリンチの決算を控えて警戒感が
強まり、調整の動きに終始した。ドル円は106円台前半
ユーロドルは1.58台半ばへと戻した。

(18日)
東京市場は、全般に模様眺め。米シティの決算発表を
控えて取引を手控えるムードが広がった。
ドル円は106円台前半、ユーロドルは1.58台半ばでの
振幅相場だった。英FT紙が「英財務省は政府借入の
上限拡大に向けて用意している」と報じたことから、
ポンドドルが2.00近辺から1.9950割れとなる動きが
目立った程度だった。日経平均は反落して終えたが、
リスク回避的な動きは小幅に留まった。ユーロ円は
168円台前半から半ばでの揉み合いが続いた。
ロンドン市場は、米シティの決算が注目された。
序盤は決算に対する警戒感からドル売り・円買いの
動きが見られ、欧州株も金融株主導で軟調に始まった。
しかし、株価が下げ渋ったことから為替市場も反転、
ドル買い・円売りの動きとなった。
欧州株がスタート地点に戻したことで、為替相場も
序盤の動きを消してレンジ相場を形成した。
注目の米シティの決算は、予想ほど悪化しなかった。
一気に米株価指数先物が上昇、欧州株も金融株が大幅高
になりプラス圏へと大きく上昇した。
ドル買いおよび円売りの反応が強まった。
ドル円は一時106円割れとなっていたが、米シティ決算
で106円台後半へと上昇、クロス円も同様の値動きで
ユーロ円は168.20近辺へと下げた後は、徐々に上昇し、
決算後には169円台乗せへと高値を更新した。
ポンド円も211円台後半から213円近辺へと堅調だった。
NY市場は、材料出尽くしから模様眺めが優勢。
ユーロドルやポンドドルはレンジ相場を形成、
ドル円は下値を切り上げたが、上値は限定的だった。


スポンサーサイト
中国株各指数
ハンセン指数 17:59 22237.110 -64.531 -0.289%
H株指数 17:59 11891.420 -202.640 -1.676%
レッドチップ指数 17:59 4849.600 -8.770 -0.181%
GEM指数 17:59 936.250 -2.530 -0.269%
上海B株指数 15:05 288.327 -1.969 -0.678%
深センB株指数 15:31 572.610 -9.029 -1.552%
上海A株指数 15:05 4157.523 -8.909 -0.214%
深センA株指数 15:31 1302.124 -11.293 -0.860%
上海総合指数 15:05 3962.673 -8.584 -0.216%
上海_50指数 15:05 3084.449 -27.388 -0.880%

 FXマーケット情報
伊藤忠グループのFXプライム
03月15日 05:59 現在
通貨ペア 現在値 前日比
ドル円 99.14-18 -1.50 ▼
ユーロ円 155.34-38 -1.95 ▼
ポンド円 200.41-51 -4.14 ▼
豪ドル円 92.97-03 -2.27 ▼
加ドル円 100.29-37 -1.89 ▼
NZドル円 80.62-70 -1.65 ▼
スイスフラン円 99.31-37 -0.28 ▼
香港ドル円 12.72-74 -0.19 ▼
SGドル円 71.99-04 -0.96 ▼
南アランド円 12.45-51 -0.26 ▼
ユーロドル 1.5669-74 0.0037 ▲
ポンドドル 2.0217-23 -0.0109 ▼

NY株式14日(NY時間16:33)
ダウ平均   11951.09(-194.65 -1.62%)
ナスダック   2212.49(-51.12 -2.30%)
CME日経平均先物 12110(大証終比:-90 -0.73%)


 ☆本当に株式市場はどうなってしまうのでしょうか? 円高ドル安が止まりません。12年ぶりに1ドル100円を切れたが前回1995年は1ドル79円の至上最高値を記録しました。あの時も現在と同様に円が強いのではなくドルが弱いだけと言われていました。

 しかし当時と現在の米国を比べたら現在の方が見通しが暗いというか不透明で不気味ですね。市場はもう利下げだけでは納得できず米国政府の金融機関に対する公的資金投入しか待っていない雰囲気と感じてしまいます。今年の円はドルに対して至上高値を更新する事も視野に入れて行動する事が必要なのかも?そんな事には多分ならないと思うがここまで来ると絶対にならないとも言えないですね。

 そして為替。
 円が何故これだけ強くなってしまうのか・・・・納得行く理由が見つかりません。FXに関しては昨年まで大儲けしたスワップ狙いも含めた投資は完全に崩壊。株、投資信託と同様に長期で寝かせる運用は今年は通用しないという事か?

 中国株もしかり。有望株でさえも下値が見えません。先日、絶大な人気の元に上場した1186中国鉄建も急落。0390中国中鉄と共に公募価格割れも視野に入ってきました。中途半端に打診買いが入るのでH株指数1000ポイントを超える物凄い急落はないが毎日200~500は確実に下落して週一に少し反発するという感じ。

 「投資家心理が冷え切っている時に投資する勇気を持てる投資家が勝てる」という鉄則はありますが米国経済、ドルの状況に改善が見られる施策がないと思い切りが出せないですね。

 しかし米国経済が不況に陥っても中国にどれだけ影響があるのか?中国は米国に頼らなくても充分成長できると思うのですが・・・・・? これだけ昨年決算が好調なのに・・・・

 まずは米国政府の対応待ち。中国政府も何かしてくる気はしているのですが・・・直通車解禁しませんか?






FXマーケット情報
03月04日 08:31 現在
通貨ペア 現在値 前日比
ドル円 103.52-56 0.07 ▲
ユーロ円 157.31-35 -0.01 ▼
ポンド円 205.30-40 0.01 ▲
豪ドル円 97.26-32 0.08 ▲
加ドル円 104.61-69 0.17 ▲
NZドル円 83.54-62 0.12 ▲
スイスフラン円 99.34-40 0.07 ▲
香港ドル円 13.29-31 0.01 ▲
SGドル円 74.37-42 0.02 ▲
南アランド円 13.33-39 0.04 ▲
ユーロドル 1.5194-99 -0.0009 ▼
ポンドドル 1.9830-36 -0.0009 ▼


NY株式3日(終値)
ダウ平均   12258.90(-7.49 -0.06%)
S&P500    1331.34(+0.71 +0.05%)
ナスダック   2258.60(-12.88 -0.57%)

CME日経平均先物 13135(大証終比:+145 +1.12%)

 
 ドル安が一服して米国株式も急落は免れた。今週は経済指標が目白押し。今から始まる日経は100円ぐらいは反発しそうですね。私だったら日本株はもう手仕舞いしたい所ですね。今の日本は米国動向と為替だけで株価が読める。個別企業の状態はほとんど関係ないので何故ここまで下がるの?
と感じないと行けないストレスは投資活動が嫌になる。割安、高配当銘柄満載で魅力あるが将来性がないので買われないという事か? 

 一方、香港市場も今は我慢が必要だが突然爆裂上昇する気がするのでそろそろ打診買いしておこうかなと考えています。

FXマーケット情報
03月03日 09:02 現在
通貨ペア 現在値 前日比
ドル円 103.02-06 -0.57 ▼
ユーロ円 156.66-70 -0.78 ▼
ポンド円 204.29-39 -1.80 ▼
豪ドル円 95.99-05 -0.68 ▼
加ドル円 104.68-76 -0.45 ▼
NZドル円 81.95-03 -0.95 ▼
スイスフラン円 99.69-75 0.05 ▲
香港ドル円 13.23-25 -0.08 ▼
SGドル円 73.78-83 -0.50 ▼
南アランド円 12.90-96 -0.33 ▼
ユーロドル 1.5202-07 0.0008 ▲
ポンドドル 1.9839-45 -0.0049


1ドル103円割れ目前まで円高が進んだが日経平均は 前日比191円安の13,412円スタート
と以外?にも好調な滑り出し。何故これだけの下落でスタートしたのか不明。下値が硬いという事か? 
FXマーケット情報
03月01日 06:59 現在
通貨ペア 現在値 前日比
ドル円 103.69-73 -1.64 ▼
ユーロ円 157.48-52 -2.62 ▼
ポンド円 206.26-36 -3.20 ▼
豪ドル円 96.47-53 -3.47 ▼
加ドル円 104.96-04 -3.00 ▼
NZドル円 82.84-92 -2.97 ▼
スイスフラン円 99.70-76 -0.46 ▼
香港ドル円 13.31-33 -0.21 ▼
SGドル円 74.30-35 -1.23 ▼
南アランド円 13.21-27 -0.71 ▼
ユーロドル 1.5184-89 -0.0013 ▼
ポンドドル 1.9888-94 0.0003

 
 昨日はドル売りといった雰囲気だったが、きょうは円買い一色
といった雰囲気だった。米景気の先行き、そして金融機関への
不透明感が依然として強い。

  今日発表になったシカゴPMI(購買部協会景気指数)が予想を
下回り、リセッション懸念を強めた。株価も大幅に下落する中、
リスク回避の動きからの円買いが優勢となった。

  又、バーナンキFRB議長の「地域金融機関には破綻の
可能性」という一言がまだ引きずって、市場は金融機関への不透明感を改めて
、強めている。ローゼングレイン・アトランタ連銀総裁も講演で、
地域金融機関の経営に懸念を示していた。

  
FXマーケット情報
02月29日 17:50 現在
通貨ペア 現在値 前日比
ドル円 104.39-43 -0.94 ▼
ユーロ円 158.75-79 -1.35 ▼
ポンド円 207.47-57 -1.99 ▼
豪ドル円 98.47-53 -1.47 ▼
加ドル円 106.76-84 -1.20 ▼
NZドル円 85.01-09 -0.80 ▼
スイスフラン円 99.52-58 -0.64 ▼
香港ドル円 13.40-42 -0.12 ▼
SGドル円 74.90-95 -0.63 ▼
南アランド円 13.67-73 -0.25 ▼
ユーロドル 1.5204-09 0.0007 ▲
ポンドドル 1.9870-76 -0.0015 ▼

中国株各指数
ハンセン指数 16:54 24331.670 -260.020 -1.057%
H株指数 16:54 13931.880 -108.101 -0.770%
レッドチップ指数 16:54 5484.340 -34.270 -0.621%
GEM指数 16:54 1060.560 -7.870 -0.737%
上海B株指数 15:05 310.595 0.290 0.093%
深センB株指数 15:31 634.917 10.306 1.650%
上海A株指数 15:05 4562.782 51.677 1.146%
深センA株指数 15:31 1445.903 18.087 1.267%
上海総合指数 15:05 4348.543 49.030 1.140%
上海_50指数 15:05 3470.602 35.147 1.023%

 昨日、米国のバーキンナさんが米国金融機関の破綻の可能性に言及。そこからドルだけが一方的に売られていたがここに来て他の通貨も円に対して売られる。

 こうなると最近少し元気だった日本株式も耐えられない。日経平均株価は前日比322円49銭安の1万3603円02銭と大幅続落。

 しかし中国株式は本土が顕著。これについては鉄道建設大手、中国鉄建のIPO(新規株式公開)で申し込まれた約3兆元のうち、抽選に外れた資金がこの日投資家の手元に戻ったことから、市場に流通する資金の拡大が期待されて朝方から買い優勢の展開になったという見解も聞かれた。

 そして香港H株指数もスタートは250ポイント以上の下落だったが下値が硬く、下げ幅を縮めた。

☆しかしこの為替の変化率には驚かされる。私がお手本にしているわにさんが以前から米国景気悪化→ドル安→利下げ→株安→原油、金高→世界的インフレに進んでいくと予告されていたが正にその通りになってきた。

 しかし、ドルがこれだけ売られると日本の将来が怖いです。

 日本企業収益悪化→更なるリストラ→格差が更に広がる→社会保障制度崩壊・・・・・等等

 日本は中国に飲み込まれてしまうのでしょうか?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。