中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  中国中鉄股フェン有限公司[香港上場、中国中鉄(チャイナレールウェイ)、0390]は21日、傘下会社である中鉄二局股フェン公司の2007年本決算での純利益が前年比3.6倍の3.6億元となったとの見通しを発表した。22日付で香港・経済通が伝えた。





スポンサーサイト
中国株各指数
ハンセン指数 17:09 23623.000 32.420 0.137%
H株指数 17:09 13561.880 9.060 0.067%
レッドチップ指数 17:09 5376.670 33.770 0.632%
GEM指数 17:09 1047.160 1.480 0.142%
上海B株指数 15:05 318.976 -2.478 -0.771%
深センB株指数 15:33 646.655 -10.679 -1.625%
上海A株指数 15:05 4750.537 -41.839 -0.873%
深センA株指数 15:33 1498.292 7.115 0.477%
上海総合指数 15:05 4527.177 -39.849 -0.873%
上海_50指数 15:05 3620.846 -55.628 -1.513%

21日の香港株式市場は小幅反発。前場は米利下げ観測など米国動向の好転を受けて買いが膨らんだが、後場に入ると中国本土株の続落が嫌気され、急速に売りが強まって上げ幅を圧縮した。中国本土では当局が金融引き締め策を強化するとの見方が浮上しており、これが香港でも悪材料となった。

 ☆香港市場はH株指数が一時13800ポイントを突破する等したが伸び悩んだ。昨日の米国の各指数は心配した程の悪化も特になくダウは90ポイント高。一応は一山超えたか?

 株価が上昇するとインフレ懸念で金融引き締めの憶測が流れて下落というパターンはしばらく続くのか?

 投資家の心理も上昇すればすぐに利益確定するという形ができてしまっているかも?資源、特に原油の値上がりが今後のインフレ→景気悪化を連想させてしまうのでこれらがもう少し下がって落ち着けは電力、消費関係の株価が上昇するのでは?

 しかし私が最も注目している0390中国中鉄 は元気がない。以下0390の株価時系列

   日   始値 高値 安値 終値 調整後終値
2008/02/21 9.5 9.52 9.23 9.27 
2008/02/20 9.6 9.64 9.29 9.46 ---
2008/02/19 9.89 9.95 9.6 9.64 ---
2008/02/18 9.92 10.0 9.73 9.85 ---
2008/02/15 9.45 9.75 9.39 9.7 ---
2008/02/14 9.55 9.58 9.4 9.47 ---
2008/02/13 9.4 9.6 9.21 9.29 ---
2008/02/12 9.38 9.45 9.22 9.28 ---
2008/02/11 9.63 9.83 9.16 9.18 ---
2008/02/06 9.05 9.53 9.05 9.52 ---
2008/02/05 9.26 9.99 9.24 9.57 ---
2008/02/04 9.19 9.35 9.09 9.34 ---
2008/02/01 8.52 8.87 8.38 8.73 ---
2008/01/31 8.85 8.9 8.35 8.47 ---
2008/01/30 9.2 9.27 8.69 8.95 ---
2008/01/29 9.33 9.35 9.1 9.15 ---
2008/01/28 9.3 9.44 9.07 9.18 ---
2008/01/25 9.4 9.47 9.18 9.46 ---
2008/01/24 9.5 9.72 8.9 9.0 ---
2008/01/23 9.45 9.5 8.78 9.43 ---
2008/01/22 9.0 9.14 8.5 8.75 ---
2008/01/21 9.95 10.46 9.6 9.63 ---
2008/01/18 9.29 10.34 9.2 10.18 ---
2008/01/17 9.67 9.79 8.94 9.68 ---
2008/01/16 9.74 9.74 9.1 9.5 ---
2008/01/15 10.94 10.96 9.9 10.02 ---
2008/01/14 10.92 11.1 10.4 10.7 ---
2008/01/11 11.1 11.26 10.6 10.84 ---
2008/01/10 11.16 11.32 10.9 11.04 ---
2008/01/09 10.8 11.38 10.6 11.18 ---
2008/01/08 11.9 11.9 10.96 11.0 ---  

 中国鉄建が3月14日に上場する事が影響しているのか?
       (0390を売って中国鉄建を買う資金を確保?)

 最近の安値が8.5。もし9割れしたらそこを目指してしまうか?しかしこうゆう銘柄は突然爆裂に上昇する事が多々あるので・・・・とりあえず9割れしたら1万株ナンピン。8.5割れでさらに1万株ナンピンする事にします。




中国株各指数
ハンセン指数 17:59 24123.170 363.920 1.532%
H株指数 17:59 13972.940 342.690 2.514%
レッドチップ指数 17:59 5456.620 62.350 1.156%
GEM指数 17:59 1044.160 10.350 1.001%
上海B株指数 15:05 320.150 4.540 1.438%
深センB株指数 15:31 664.281 -1.166 -0.175%
上海A株指数 15:05 4895.041 101.052 2.108%
深センA株指数 15:31 1510.785 32.513 2.199%
上海総合指数 15:05 4664.295 96.144 2.105%
上海_50指数 15:05 3787.029 77.958 2.102%

 19日の香港株式市場は大幅反発。米株式市場は休場だったが欧州株式市場の主要指数が急伸したことで買いが膨らんだ。この日発表された中国の2008年1月のCPI(消費者物価指数)が11年ぶりとなる上昇幅だったが市場では織り込み済み。本土株式市場の大幅続伸も好材料となって、中国のインフレ警戒に対する影響は軽微にとどまった。

  買われる銘柄が目立つ中、中国銀行(3988)が急伸。18日、サブプライムローン資産の損失引き当て後も、2007年本決算では増益となるとの見通しを示したとの事。


 ☆今日は全体的に強かったのに0390と1893は下落。特に0390はH株指数に採用後も反応薄。同様に採用された3323は順調なのに・・・この展開で思い出すのは1800です。同様に上場後にもたついて私は痺れを切らして売却したとたんに急上昇。売った価格より高く買い戻す事になったのです。0390は私のメイン銘柄なので今日のような日は辛いですがじっとがまんします。1893も下落したら買う予定だったが指数がこれだけ上昇する中での下落では買えませんでした。

 明日以降の展開も不透明。物価指数がこれだけ上昇すると価格規制の影響を受ける業種(電力、不動産、食料等)は不安ですね。よって交通インフラの0390、1800、大型家電販売の0493をメインにして2600や0358、0857を短期で売買して行きたい。





株価指標を算出するHSIサービシズは15日引け後、主要株価指数・構成銘柄の定例見直しを発表し、H株の中国中鉄(チャイナ・レールウェイ:390/HK)と中国建材(チャイナ・ナショナル・ビルディング:3323/HK)を新規に採用すると発表した。同時に中国外運(サイノトランス:598/HK)、中興通訊(ZTEコーポレーション:763/HK)、魏橋紡織(2698/HK)の3銘柄は除外する。今年3月10日から正式に組み替え、H株指数の構成銘柄数は43→42に減少する。一方、ハンセン指数の構成銘柄は変更しない(43銘柄のまま)

☆私の一押し銘柄である0390中国中鉄がH株指数銘柄なった。

 果たして来週の株価動向は・・・2/15の米国市場は微減でなんとか収まった。悪材料は出尽くしたと思うが・・・


中国株各指数
ハンセン指数 16:55 27842.930 -285.871 -1.016%
H株指数 16:55 16348.000 -74.609 -0.454%
レッドチップ指数 16:55 6124.580 -60.360 -0.976%
GEM指数 16:55 1331.670 3.560 0.268%
上海B株指数 15:05 366.861 3.725 1.026%
深センB株指数 15:31 711.919 11.152 1.591%
上海A株指数 15:05 5571.335 79.387 1.446%
深センA株指数 15:31 1527.809 21.403 1.421%
上海総合指数 15:05 5308.889 75.538 1.443%
上海_50指数 15:05 4258.549 82.994 1.988%

 香港市場は顕著なスタートとなったのですが前場後半から下げに転じて結局マイナス。反対に本土は終日顕著な展開。私にとっては一番嫌な展開でした。

 そんな中0390中国中鉄がマタマタ大幅上昇。前日比+1HKの11.26HKと9.7%の上昇。香港市場が軟調な中、最近上場した有望銘柄が凄まじい上昇を見せています。

 本日の香港市場上昇率第一位は12/20に上場した1893中国中材で前日比+1.2HKの9.89HKと13.8%の上昇。0390は第三位の上昇率。

 しかし、いくら有望銘柄でも上昇ピッチが急激で明日以降は急激な下落に見舞われる可能性が高いのでは? 1800中国交通建設の時と同じパターンのような気がします。

 全体的に香港市場は終始、不安定な動きであり、上昇する銘柄と下降する銘柄がはっきり分かれています。うまくその時々の上昇テーマ銘柄に乗り換えできれば相当なリターンが望めますがそれもかなりのテクニックですね。

 私は、とりあえず米国のサブプライムローン問題と為替が落ち着きだしているので静観して様子を見たいと思います。


 先日12/12に注目株として記載しました。私自身も下落相場の中での力強い値動きに魅了されて先日購入しました。購入直後は下落したのですがここ最近力強さを発揮しています。
以下上場後の時系列

   日   始値 高値 安値 終値
2007/12/21 9.14 9.82 9.04 9.57 ---
2007/12/20 8.2 9.02 8.18 8.96 ---
2007/12/19 8.18 8.34 8.08 8.18 ---
2007/12/18 8.33 8.36 8.03 8.13 ---
2007/12/17 8.29 8.48 8.14 8.28 ---
2007/12/14 8.78 8.89 7.99 8.29 ---
2007/12/13 8.68 9.11 8.45 8.68 ---
2007/12/12 7.8 8.74 7.72 8.72 ---
2007/12/11 7.9 7.95 7.72 7.89 ---
2007/12/10 7.52 7.84 7.4 7.75 ---
2007/12/07 6.8 7.5 6.7 7.36 ---


この企業の概略は以下の通りです。 

 中国の鉄道建設大手である国有建設会社の中国中鉄は12月7日に香港市場に上場しました。

 同社が発行する33億2600万株のH株のうち90%は機関投資家向けで、個人投資家向けの公募は10%となる。公募価格は5.03-5.78香港ドル、最大192億香港ドル(約2673億7200万円)を調達することになります。調達した資金は、設備購入や投資資金、運転資金に充てる予定。業績としては、2007年上半期(1-6月)の純利益が6億4300万元(約93億9100万円)で前年同期の4億8300万元(約70億5400万円)より約33%の増加となりました。2007年度の純利益は前年比17.3%増の24億元(約350億5200万円)に達する見通しです。

 また当社は12月3日に上海上場しました。上海市場での新規株式公開に向け、投資家から3兆3700億元(4540億ドル)を上回る応募を集め、中国国内IPOの応募額としては過去最高。

 ☆企業概要 
中国のみならずアジアにおいても最大規模を誇る国有の建設会社グループです。2006年、受注額では2005年度の4位から順位を一つ上げ第3位と、世界トップ3入りを果たしました。

 またグローバル企業の証ともされる、米Fortune誌が選ぶ世界企業トップ500にも2006年当社は初めて選出されました。国際的にも通用する高い技術力を誇っており、1980年代以降、設計や建設・研究分野で数々の賞を受賞。

 当社は1950年代から中国の鉄道建設大手としての地位を築いております。他にも当社が強い分野としては「橋やトンネル・*電鉄の設計・建設」、「鉄道の待避線や鉄鋼製の構造物などの研究・開発・製造」などが挙げられます。

 統合型企業であることが強みで、建設事業を包括的に行えます。調査・設計・コンサルティングからインフラの整備、更には建設機器や部品の製造など、建設に関する事業であれば当社による一貫したサービス提供が可能となり、その点が大規模で複雑なプロジェクトを勝ち取る競争力を持っている。

過去業績推移      2006年12月   2005年12月
[人民元]
売上高 (million)    153,568     111,423
当期純利益 (million)   2,046       171
株主資本の額 (million)  6,999      4,753
一株当たり情報 [香港ドル]
一株当たり配当額 -- --
一株当たり当期純利益:基本 0.1599   0.0128


 ☆株価は12/7の上場初値6.8HKから12/21終値9.57HKとわずか2週間で40%以上の上昇。高値警戒感もありますが明日からの全体的な相場が顕著に進む事が予想されるのでどうなる事か?上場初値が思った程上がらなかったのは市場全体が低迷していた事が最大の要因だったのかも。明日からの相場で10HK突破を目指して欲しい。

 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。