中国株を中心に日本を含めたその他外国株、FXで資産を増やす事をめざすブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国株各指数
ハンセン指数 17:40 23714.750 445.609 1.915%
H株指数 17:40 13326.840 123.859 0.938%
レッドチップ指数 17:40 5353.770 56.610 1.069%
GEM指数 17:40 1044.210 -0.480 -0.046%
上海B株指数 15:05 304.964 1.657 0.546%
深センB株指数 15:31 614.522 -0.357 -0.058%
上海A株指数 15:05 4446.820 48.011 1.091%
深センA株指数 15:31 1391.483 -9.539 -0.681%
上海総合指数 15:05 4238.179 45.646 1.089%
上海_50指数 15:05 3363.701 31.711 0.952%


26日の香港株式市場は3営業日ぶりに反発してこの日の取引を終えた。前日の米株続伸を受けて香港でも買いが膨らんだ。本土株の反発も支援材料。ただし、27日と28日の両日に予定されるバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の議会証言や経済指標の発表を控えるほか、受給悪化懸念が残るなど本土株式市場の不透明感も加え、買い控えの動きもみられた。

昨日の米国ダウは189ポイント上昇。サブ問題が沈静化しつつありH株指数は200ポイント近く上昇してスタートしたものの本土の上値が重く、一時前日比マイナスになる場面もあった。しかし引けにかけては買戻しが見られた。

 すっきりしない相場か続きますね。今日も昨日と良く似た展開だったが昨日よりはまだましだったという程度。大型企業の上場が近い事とインフレ問題で本土が軟調な間は辛抱必要か?

この先、果たして大きく調整するのか? もしくは辛抱すれば上値を追ってくれるのか?

 私はずっと所有していた3898が突然急伸したのを見ていろいろ調べたが理由不明。最近の軟調相場以上に動きが鈍いので思い切って9.17HKで全株損切りしました。

 この銘柄自体は好きで絶対売らないと決めていましたが日々の出来高が少なく、流動性に問題があるので泣く泣く現金確保する事にしました。

 もしかしたら業績等の良い見通しが出たのかもしれません。中国株の情報はまだまだ伝わるのが遅いのでこの辺りが難点かな?

 
スポンサーサイト
注目している南車時代電気について業績内容等を確認したいと思います
(業績)
       (単位)     2007/12(予想) 2006/12 2005/12 2004/12
売上高 百万人民元    1,553.96     1,255.93  997.98   787.76
売上高前年同期比 %    +23.7      +25.8    +26.7    +19.6
粗利益 百万人民元     —        615.55   455.66   323.06
営業利益 百万人民元   311.59     317.01   232.38    187.59
営業利益前年同期比 %   -1.7      +36.4    +23.9    +116.6
純利益 百万人民元    357.43     296.77   211.73    162.68
純利益前年同期比 %   +20.4      +40.2    +30.2     +65.1
(EPS) 人民元       0.330      0.440    0.330     0.260
現金配当 人民元     0.132       0.034   0.000     0.000
株主資本利益率(ROE) % —        10.4    33.6      32.6
総資産利益率(ROA) %   —       7.8     14.3     12.6
粗利益率 %         —        49.0     45.7     41.0

(財務)
       (単位)        2006/12 2005/12 2004/12 2003/12
流動資産 百万人民元      3,369.53 1,139.84 1,016.87   675.11
総資産 百万人民元        3,788.26 1,481.40 1,289.12  1,061.43
流動負債 百万人民元       940.25  825.19  770.48   465.24
総負債 百万人民元        940.25  825.19  770.48   465.24
資本金 百万人民元        1,084.26  669.61  —      —
少数株主権益 百万人民元      1.42   26.04   20.16   6.37
株主資本 百万人民元      2,846.59   630.17  498.49   589.83
負債比率   %             33.0   130.9   154.6   78.9
流動比率   %            358.4    138.1   132.0   145.1
株主資本比率 %           75.1     42.5    38.7   55.6
一株あたり純資産(BPS) 人民元 2.625 — — —
営業活動キャッシュフロー 百万人民元 197.99 53.83 141.71 -9.53
投資活動キャッシュフロー 百万人民元 -148.02 -113.51 -84.45 -89.80
財務活動キャッシュフロー 百万人民元 2,046.22 53.52 30.53 40.19

★今後の見通し

 2006年は第十一次五カ年計画の最初の年でした。今後、第十一次五カ年計画で重要となる鉄道政策で当社は重要な役割を演じることになると思います。中国の鉄道はスピード面でも安全面でも都市計画の面でもまだまだ改善の余地が大きい。改善の余地が大きい=ビジネスチャンスが大きいということです。

 2007年は既存の鉄道に関連した製品に関しては減少していくことが見込まれるが、地下鉄向けや300kmと200kmの高速鉄道路線に関連する製品に関しては大きく伸張していくことが見込まれます。2006年にも始めて納入を開始した200km高速鉄道の電気電力システムが伸張していく。300kmの高速鉄道向け電気システム、北京地下鉄や瀋陽地下鉄向けのほか、スピードに応じて求められる安全装置もより高度なものが求められており、安全装置も置き換えが進む見通し。

 安全装置は2006年は36%の増加、電力コンバーター等は37%増、トイレセンサー(車内トイレシステムに不可欠)などが56%とこれらが牽引しました。前にも触れたとおり今後の業績動向に非常に期待が持てる銘柄と考えています。

 株価はここ最近、13HK~16HKを行ったり来たりですが普通に行けば2007年の予想業績は最低ラインではないかと思っています(あくまでも想像ですが)16HKとして2007年の予想利益でPERは48倍。高いか安いかは判断が分かれると思いますが今後、本当に急成長するのかしないのか? 私は急成長すると読んでいます。この先なにか悪材料がでないかぎり(悪材料が出ても内容をしっかり見極めて)持続していきます。1年後が楽しみです。ちなみに最近低迷している0358江西銅業の昨年10月の株価は8HK前後でした。中国株にはこの様な銘柄が数え切れない程あります。しかし近年の中国の食品等いろんな中国の悪ニュースでたくさんの日本人はみんな「中国の会社の株を買うなんてお金をドブに捨てているようなもんやろ」と言ってました。果たしてこの先どうゆう結論が待っているかわかりませんが少なくともここ2、3年だけでも中国の優良株に投資している人はその資金を最低でも5倍程度には増やしているでしょう。倒産する可能性がほとんどない大企業に投資してこの結果です。株の知識なんていらなかったのです。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。